家族でアフリカに住んでます。

アフリカ生活における家族の記録。主に息子ちびぞう(3歳)のおはなし。

ちびぞう、初サファリ②出発編

出発時間は朝の6時。

朝の6時ってね、そんなに早くない感じなんですけどね、ウガンダの朝6時めっちゃ暗いんです。

時間設定の時にひょっとすると1時間間違えたのではないかとも言われているウガンダ時間。

朝の日の出は7時くらいと遅めだし、夜の日の入りも19時過ぎたこれまた遅め。東アフリカで統一しちゃったかったのかな。笑

てわけで、朝6時に家を出るって結構早い感じです。

でも朝の準備の時間もしっかりとって、コーヒーでも飲んでから出ようかなーなんて思ってたわけですよね。

ですが、もう私らしいというかなんというか、両親といると甘えてしまうところが、、、ええ、寝坊しました。

起きたのは5:50。

真っ青になってちびを着替えさせて、建さんに諸々荷物をお願いして、6:00までになんとか準備を終えました。

もちろんどすっぴんにメガネです。コンタクトと日焼け止めは両手に握りしめて笑

 

ちびはもう朝からスーパーハイテンションでがんがん張り切って準備してくれたので助かりました。。ありがたし。

 

真っ暗な中出発!

 

車からの景色は。。ごめんなさい。色々ワタワタしてて撮ってないっすほとんど。

 

でも途中霧のすごいところがあって思わず。

f:id:ranka_toba:20180211040052j:image

ピンボケしてる。。でもすごかったんですよ。これはPMではないっすよね。。?笑

 

f:id:ranka_toba:20180211040310j:image

そして最初のトイレ休憩の頃にはあたりはもう青空に。

今から思えば暑くなりそうな空でしたわ。

バスの中では持ってきた朝ごはんを食べたり。各々のタイミングで昼寝?朝寝?したり、それぞれ好きなことをして。

おちびは基本的にずっと1人で喋っていました。ずっとね。笑

 

そして出発からおよそ5時間弱経った頃!

とうとう着きました。

ナショナルパーク入り口

f:id:ranka_toba:20180211040710j:image

(ちびはしんちゃんからもらった南スーダンのサッカーチームのユニフォームを着ています。かなりおしゃれですが、かなりサイズでかめなのでまるでワンピースです)

 

国立公園入場料

ナショナルパークには入場するのに一人一人1日あたりの料金がかかります。ウガンダ在住かそうでないかで料金も変わるのでチェックして持参してください〜。

 

そしてナショナルパークに入場後滝に向かうことに。入り口から確か滝まで1時間くらいかかったような。

行く価値あります。

滝散策!

f:id:ranka_toba:20180211141433j:image

 

どーん!

f:id:ranka_toba:20180211141439j:image

 

どーん!!!

 

虹も綺麗。

 

水しぶきがかなりすごい。

でも涼しいくらいでちょうどよかった。むしろ、浴びたあと風が気持ちいいので、何度も水浴びに行くという。笑

ちびはもう、それはそれは大喜びできゃっきゃっきゃと大笑いでした。

 

ちなみに我々が訪れたのは乾季(雨の降らない乾いた時期)でしたが、雨季(梅雨のように高頻度で雨が降る季節)に行くともっともっと水量が多く、着替えがないと見れないくらい水しぶきを浴びるとのこと。笑

ウガンダはその年によりますが3月なかばくらいから雨季に入ります。

 

ちなみに道中ですが、国立公園に近づくくらいまでは道路かなり綺麗に舗装されていて綺麗でした。なだらかで運転手さんも走りやすそうだったかな。結構スピード出してました。

国立公園に近づくにつれやっぱり突然道路が荒くなります。揺れるし、車が曲がるし、、ちびは眠くなってもあまりの揺れに寝られないよう。少しの揺れだと心地よくて子どもって寝てくれるけど、あまり揺れるとね、そりゃ眠り妨げられるわな。

 

 

そしてまだ車の旅は続きます。

今回宿泊したのはパクバロッジというナショナルパークを入って湖の反対側にあるロッジ。

川を渡る必要があるので、フェリーに乗ります。

f:id:ranka_toba:20180213014446j:image

フェリー乗り場で早速イボイノシシに遭遇。可愛いけど、あまり近くに寄られるの怖い。離れたところから見守る。

f:id:ranka_toba:20180213014612j:image

こんなのに(フェリー)乗ります。

車もバイクも人も乗るよ。

我々もこんな感じで乗船。

f:id:ranka_toba:20180213014623j:image

流石にこのすれすれのところに立って乗れるフェリーって日本にはない気がする。揺れたりしたらマジ怖いよね。

でもほぼ揺れず快適でした。怖がりのわたしでも大丈夫だったので。景色も気持ち良い!

 

フェリーに乗り、向かい側の岸につきそろそろホテルも近づいてきました!

 

あー早くビール飲みたい。

猛烈に暑かったので頭の中はそればかり。。。。

 

旅は続く。。