家族でアフリカに住んでます。

アフリカ生活における家族の記録。主に息子ちびぞう(3歳)のおはなし。

ちびぞう、食べたいものは自分で作る

ご想像の通り、ウガンダ日本食のようなものはほとんど手に入らない。

日本食レストランがあるけど、とにかく美味しくない(らしい。日本人以外の友人に聞いても皆口を揃えてもう行かない、と話すのでまぁそういうことかと思っている)。お店の名前は伏せておく。

調味料ベースでも手に入るものは限られているし、日本食スーパーのようなものはないので基本的に日本から持ってきたものと現地調達できるもので献立は完成する。

私たちが料理するときの合言葉が「このレシピ、サステイナブルかなー?」

ほぼ全て現地調達できるもので作れるレシピは星3つ

一部日本から持ってきたものを使用して作るものは星2つ

日本から持ってきたものを多く使用しなければ行けない場合は星1つ

 

同じ料理でもいろんなレシピにチャレンジしては、星3つを探すわけだ。

 

ちびは本当になんでも食べる人だからなんでも喜んでくれるのだけど、でももちろん好きなものはあるし、たまに独り言のように

「鎌倉で食べてた○○美味しかったよねぇ。ああ、また食べたいよねぇ。美味しかったなぁ。」と話す。

その言い方がまた、なんとかしてあげたいと私たちを思わせる言い方で、食べることを命としているちびをハッピーにすべく私や建さんは奔走するわけだ。笑

 

ちびが食べたがったもの。

まずその1つが、肉まん。

 

肉まん大好きなちび。

でももちろんこちらでは買えないし、都度中華料理屋さんに行くのも大変なので作ることに。

しかもちびにも一緒に作らせようという試み。

 

何回か作ってみて星3つレシピ、発見しました!

小麦粉が美味しくないウガンダなので小麦粉を使う料理は粉が常に懸念事項なのだけど、現地の小麦粉でも、生地をたくさんこねればかなり美味しくなる!

f:id:ranka_toba:20180208013547j:image

 

かなりの頻度でちびの朝ごはんとなってます。

f:id:ranka_toba:20180208013612j:image

 

それからちびのだいすきなラーメン。

こちらは再び我が家の長、建さんが作ってくれるもの。

f:id:ranka_toba:20180208013710j:image

かなりいけてます。

ウガンダで一番美味しいと思うわ。多分笑

 

他にも餃子や春巻きを皮から作ったり、フィッシュマーケットで値切りまくったナイルパーチを使ってさつま揚げを作ったり。アフリカ生活20年以上の母に習いながら、私もおちびも頑張って料理しています。

帰国する頃にはかなり料理してくれるように、なってるかしら〜〜。。?笑