家族でアフリカに住んでます。

アフリカ生活における家族の記録。主に息子ちびぞう(3歳)のおはなし。

ちびぞう、救世主あらわる

幼稚園に迎えに行くと1人でポツンと座っていたり。

みんなでわーって喋って盛り上がる中に入って行けなかったり。

うまく嫌な気持ちが伝わらなくて手が出てしまったり。

コミュニケーションに苦戦し、苦悩し、日々試行錯誤のちびぞう。

なかなか思いっきり楽しむことって難しいし、やっぱり日本の保育園で仲良くしていたような友だち付き合いはまだできないでいる。家に帰ってくると堰を切ったように話し出すちびを見ていて、本当にそれを日々感じている。

 

 

、、、そんなちびに救世主が来ました!

私の弟、つまり、ちびぞうのおじさんにあたる、しんちゃん!

しんちゃんのことが大〜好きなちびは、もう大喜び。

完全に彼を友達だと思っているので、しんちゃんはすっかりちびぞうの遊び相手に。

f:id:ranka_toba:20180205025252j:image

しんちゃんはアフリカのほかの国で国境なき医師団で働いているのですが、この度ミッションの合間に休暇を取ってちびに会いに来てくれたわけです。

短いステイにはなるけれど、ちびぞうにとっては本当にご褒美のような時間。

少しだけ日本語が不自由なしんちゃんに日本語を教え(?)、英語をしんちゃんに教えてもらう、そんな時間も取れています。

f:id:ranka_toba:20180205030429j:image

 

親だけでなく、自分の気持ちを話したときに、理解してくれる、そんな相手がいることがいかに大切か。幸せなことか。

ちびの嬉しそうな様子を見ているとヒシヒシ感じます。

 

聞いて欲しいんだよね。

話すことをちゃんと聞いて欲しいんだよね。理解して、コミュニケーションをとって欲しいんだよね。

彼が話すことを聞いてあげることの大切さ。本当に忘れがちだけど明日からより意識してやっていかないとな、と思った私。すぐに忘れてしまいそうなので、ここに誓いを込めて書いておきます。