家族でアフリカに住んでます。

アフリカ生活における家族の記録。主に息子ちびぞう(3歳)のおはなし。

ちびぞう、幼稚園へ行く

ちびぞう、幼稚園1日目。


幼稚園は正直いつから行かせるか、どこに行かせるかをすごく悩んでいた。


こっちに来て、ただでさえ新しい環境の中に飛び込むことになってすごくストレスを感じているであろうちびぞう。


言葉には出さないし、なんてことない顔をしているけどここ数日あれ?って思うような反行動応がチラホラ。


そういうのをみるとこちらもどんどん心配になり、すっかり心がざわざわした気持ちに。


幼稚園も行かせるのやめようかな?とかもっともっと時間をおいた方が良いかな、とか色々なことを考え出す。勝手なもので多分自分の不安をぬぐいたいからだけど。


建さんとも相談して考えて考えて、でもやっぱり行かせることに。


一番の大きな理由は、ちびが行きたがっていたから。

言葉で言うことはどうなのかわからないけど、生後5カ月から保育園に行っていたちびぞう。

どうやらわれわれ大人とずーっと過ごし続けることにストレスを感じてるのかな?と思うことがあった。

それにこちらには公園もないし、大人と過ごすことも家の中で絵を描いたり、大人の都合に付き合わされたり。

いろんなことを一緒にやろうとするこっちの張り切った気持ちに付き合ってくれるのに疲れたのかな?


みんなで出かける時に、「ちびちゃんコッシー(お手伝いさん)と待ってるわ」といってくることが増えてきた。そして

「いつから幼稚園いけるの?」と聞くことも。


うちのちびはかなりユニークで、まだ3歳なのに1人の時間がかなり重要なタイプということにもこちらに来て気がついた。

日本にいた時はいつも自分の部屋で1人で寝ていたので、1人で寝る前にずっと1人で話したり歌ったりしていた。

私がたまに近くにいたりすると「もう向こうに行って」といわれたりほど。


でもこっちにきてからはさすがに1人で寝るのは心細いようなので、私とべったり寝ている。そうすると好きなように1人で1日を振り返る時間が足りないんだろうか。


私とべったりいることももちろん嬉しいけど、彼の生活はそれではコンプリートしないんではないだろうか。。


ここに書いたこともぜーんぶが私の推測なので、本当に彼がどう思ってるかは彼にしかもちろんわからないし、幼稚園も本当は嫌で嫌でしょうがないのかもしれない。今すぐ日本に帰りたいのかも。でもそれも、わからないから。


私は昨晩緊張して眠れなかった。笑


でも私が大きな気持ちを持ってないと、彼もきっと不安になるから。


建さんとは話し合い、どんなリアクションを彼がしてもポジティブに受け止め、彼の意思を尊重して、大きな気持ちを持っていようと決めた。


どうなるかな。

私のドキドキはしばらく続きそうです。