家族でアフリカに住んでます。

アフリカ生活における家族の記録。主に息子ちびぞう(3歳)のおはなし。

立ち止まって見えること

昨日の予想通り、昨日あんなにハッピーに帰宅したちびでしたが

今朝は登園時ぎゃんぎゃんと泣いていました。さすが、期待を裏切らない。

裏切ってくれ!!!笑 

またちびの様子は明日以降書きたいと思います。

最近英語への興味がうなぎのぼりなので、彼の英語事情についても書きますね。

 

 

 

そんなこんなでちびの行動や動きを日々観察する私。

今は完全にいろんなことがスローな感じです。

 

日本にいたときはもう一分一秒こそ貴重で貴重で、、、、

洗い物をしたり、トイレに入りながらという隙間時間を使って携帯で海外ドラマを見る、なんていう日々でしたが、

今は180度変わり、本当に毎日がのんびりのんびりです。

 

おかげでちびの日々の様子の変化も近くでよく見えるし、、、

今までちびぞうがおやつを食べてる様子をゆっくり観察したことなんてなかっ。お絵描きするプロセスをじっくり見たことなんて、なかった。

自分が何かしたいときにおやつは食べてもらうもの、だったしお絵描きは決まって私が仕事をするときにやってもらうもの、だった。

昼寝している寝顔をじっくり眺めるなんてことは彼が生まれて3年間の間片手の指で収まる程度の回数しかなかったと思う。

 

 

こちらに来るとき「ウガンダで何するんですか?」とみんなに聞かれたけど

まったく決めずに来てしまった。

まったく決めずに来たのはすごく大きな理由があって。

決めてしまうとそれにとらわれる気がしたから。じっとしていられない性分の私。生産性命の私。きっと決めてきたらその「決めたこと」に躍起になってしがみついて、日々の景色が、周りが全く見えなくなる気がしたから。

 

そして決めずに来てこの一か月。

なんだかあっという間に過ぎてしまったけど本当にいろんなことを見つめなおすきっかけになったと思う。

一人で横になってじっと考えたり、家族の様子をよぉく観察したりしていろんなことが見えてきたし、何より自分自身の求める今後の過ごし方や時間の使い方についてしっかり考えることができて。

 

一か月ゆっくりと時間を過ごしてみて、立ち止まって周りをじっくり見つめてみて、この一か月こそ本当に実りの多い時間が凝縮されていたような気がする。

 

そして私が私自身がこの1年間をどうやって過ごしたいか、ちょっとばかし見えてきた気がしています。

 

今年の私のテーマは『言葉』にしたいなと思っています。(ごめんなさい。盛大に変わるかもしれないんですけどね)

まずは英語を丁寧に学びなおそうと。私の粗削りの英語を一から丁寧に学びなおし、より使える英語にしたいなぁ。

それからこのブログだけでなく、日々の様子をいろんな形で言葉で記録にしようと。ブログを始めて言葉ってやっぱり楽しいと思ったので言葉でいろんな記録をしていこうと、思います。

最後に、いろんな国の言葉を通じていろんな文化や宗教に敏感になろうと。

ウガンダは本当に移民の人口も多いし、色んなアフリカの人たちがいて。彼らは本当に自分の民族への愛がすごい。その姿勢や言葉から刺激を受けるばかりの日々なので、臆することなくいろんなことを教えてもらおうと、思います。若い頃はそこに突っ込んでいくのが怖かったけど、今は憶病になることより、積極的にいろいろと聞いて、教えてもらって私の知識にしたい。

そして帰国したときにいろんな経験を忘れていくちびにリマインドとして知識がインプットできるようなコミュニケーションができるといいなぁ、と思っています。

 

そして色々考えてると面白いほどに15年前に頭に描いていたことから私の考えが成長していない。成長していないというか、根底にある考えって変わってないのかも。

そう思うとそれが一番私にとって大事なことかもしれないなぁ。。

これもどこかで気が向いたら書いておこうかな〜。

 

ちびぞう、"see you tomorrow!"

泣かずに登園できる日が少しずつ増えてきたちびぞうさん

一応毎朝のように「なんとか行かなくて良い方法はないか」と模索してみるそぶりは見せるものの、最後は諦めて行ってくれる笑

(今朝も「ニワトリさんがちびを呼んでるからー!今日はニワトリさんと過ごすカラー!」と庭のフェンスにしがみついて怒っていた。)

 

そして何より最近変化が大きく見られるようになったのが幼稚園からの帰り道。

お迎えの時は基本的に最初から日々機嫌が良くて、たまにまだ帰りたくないようなそぶりさえ見せるちびぞうだったけど、どうしても先生に言うことができなかったのが「see you tomorrow」

 

帰宅時元気に「バーイ!」とハイタッチしながら先生や友達と別れることはできるものの、see youができなかった。

先生がいくら何度も「ちび、see you tomorrow!」と言ってくれても頑なに「bye」と返すちび。

 

「先生にsee you tomorrowって言わないの?またね。また明日ねって言ってくれてるよ」とある日私が聞いてみると「まだ先生とはsee you tomorrowしたくない」と拒む。どうやら言葉の意味は理解しているらしい。

理解したうえで、言いたくないと思っているらしい、、その呪文を言うと明日来ないといけない、くらいに思っているのね、、、

「もう私に会いたくないのねー」なんて先生が泣く真似なんかしてみても知らん顔。

素知らぬ顔でただただ「バーイ」と返す人。

 

ところが今日。

迎えに行くとなぜか上機嫌のちび。

口角が上がって、にやにやしている。

原因は全く不明。ただしやけにハイテンション。

迎えに行くと、スキップのように軽い足取りで外に出てくるちび。

すると、全員とハグをし始めた。

同じクラスの子、先生、全員一人一人と丁寧にハグをし、ハイタッチも。

そして出ました「see you tomorrow!!」

高らかに笑いながらみんなにまた明日と挨拶し、家路についたのでした。

 

 

幼稚園から帰宅後その日を振り返りながら色んな話していると、幼稚園での出来事を事細かに丁寧に説明してくれるちび。

「ちびのクラスのともだちのさ、、、」などといって同級生の子の話をしようとするとこれまで必ず「ともだちではないから。一緒にいるだけだから。」などと否定していたのに、最近は否定しなくなってきた。

それどころか「今日ね、おともだちの〇〇がね」などと「友達」という形容詞を使ってクラスの子を自ら説明してくれるように。

 

ようやく幼稚園が自分の居場所と少しは感じられるようになってきたのかな。

居場所になった幼稚園に明日もいってもいいかなと思ってくれたのかな。

 

さて、明日の朝どういう顔をして登園していくのが見ものですが、、

そこを期待を裏切ってくれるのが我が家のちびなので、、明朝もひと悶着ありそうです。笑 

 

はい、楽しませてもらっています。

 

ちびぞう、サルとの闘い

先日ジャックフルーツの話をしたと思うけれど

家の庭にはそれとは別に大きなパパイヤの木とパッションフルーツの木がある。

f:id:ranka_toba:20180128190407j:plain

二つとも立派な実がたくさんできていて、しばらくしたら食べれるようになるかな、という状態。

f:id:ranka_toba:20180128190508j:plain

ちびはウガンダに越してきてからずっとこれらの実が気になって仕方なく、食べられるようになるのを今か今かと待ちわびているのだ。

でもこの子たち。

緑の立派な実になってから、なかなか色が変わるまで時間がかかる。

ちびは毎日のように実がまだ木についているか、色が変化してないかを確認する。

「まだだねーまだだねーもうすぐかなぁ」なんてウキウキわくわく。

 

そんなある日。

この大事に楽しみにしていたパッションフルーツの実がかじられているのを発見したちびぞう。

f:id:ranka_toba:20180128190536j:plain

これは、間違いなく我が家にたまに遊びに来るサルのしわざ!

 

うちの庭にはなぜか週末になるとサルがやってくる。

平日には来ない、週末限定。

あ、決して出張動物園とかではなく、、、笑

おそらく週末は人が少なくなるから、というのが理由。人の出入りが少なくなるので(使用人の方たちもお休み)

サルも人目をあまり気にせず人の庭などにやってこれるんだと思う。

その週末も日曜日、サルが庭に来て、我が家を徘徊していた。

 

サルにやられたんだ、、

がっくり肩を落とすちび。本当に毎日楽しみにしていたのに!

食べごろになるとこうやってやられてしまう、、、

 

その後考えたちびぞうと私。

パッションフルーツとパパイヤで色の少しでも変わっているものはいったん取ってしまうことに。

f:id:ranka_toba:20180128190615j:plain

家の中で熟れてもらおう作戦!

果たしてこの作戦成功してくれるのか、、

サルより早くフルーツをとっておいしく食べれることができるのか!!!

サルとの戦いに勝てるのか!

 

美味しく食すことができたらご報告します。

できなかったら、、察してくださいw

だから2018年、ウガンダに来ました

ずっとちびのことを書いてきたけど

ちびのことばかりをネタにして、彼の話ばかりしているのもちょっとずるいな、っていう気がしてきて、自分のことを少し書こうと思い立った今日。

ウガンダに行こう!と決めたのはちびぞうの成長に関する要素はもちろん大きかったけど、ウガンダに来ることを決定するにあたり、私の人生で大きな変化があったのも事実。

 

ウガンダに来る前は普通の一会社員として働いていて。

ウガンダに来る前の年、つまり去年2017年は私と建さんが「こどものてつがくきょうしつ」という場をオープンさせて、ようやく少しずつ形ができてきた、という大切な年でもあった。

 

にもかかわらず決めたウガンダ行き。

そして決定通りに私たち家族は年末日本を出発してウガンダに今来ている。

 

 

なぜ2018年がウガンダの年になったのかというとさして大きな理由はなくて

ただ行くなら早いほうがいいなっていうのが夫婦の総意だったから。

なんならもっと貯金をしてからのほうがこちらで楽しめたかもしれないし、もっと仕事にきちんと区切りをつけてから、とかこどものてつがくきょうしつを軌道に乗せてから、とかいろんな時期はあったかもしれないんだけど、でもやっぱり早いほうがきっといいと、判断した。

それは「待つことでできなくなることがある」ことがあることを二人とも知っていたから。

人生には勢いがそれなりに大事で、やろうと思ったことをその場で実行に起こさないと、考えれば考えるほど実践できなくなってしまうことがあると思う。

もちろん考えることは究極的に大事だけれど、直感で自分が押されたとき、考えが邪魔することもあると、思う。

直感が働いたのが今回のこと。

行こうと思った。行かないと、と夫婦二人とも思って二人の判断が「行くためにはどうしたらいいのかを考えよう」ということだった。行けるようにするためには何が必要か、いけない要素を探すのではなく、行くことができるようにどうできるか。

それを模索しようと。

 

実際たくさんハードルはあったし、そう簡単なことではなかった。

たくさんの人に理解を求めなければいけない場面もあったし、それがハッピーな話し合いにならないこともあった。

来てからももちろん、様々なチャレンジと日々日々遭遇しているようなところがある。

多分これから帰国するまでずっとそうな気もする、、、、笑

けど、so farとても来てよかったと思う。

言葉はシンプルだけど、そう思っている。

 

これからの時代を生きていくと考えるときに。

私自身、多様な生き方を受け入れられる人でいたいと思う。

人生で度重なるチャレンジをそこそこ面白いと受け止められる人でいたいと思う。

生きる場所も限定したくないし、やる仕事も一つに絞りたくないと思う。

それって言葉でいうほど簡単じゃないと思う。多分。

 

そう思ったとき、このタイミングがウガンダに来るべきタイミングだったんじゃないかと思う。

これからも常に、今できることがそのときできるような人でありたいなと思っている。

 

コンサバティブに生きることに安心を求めがちだし(私は本当に守りに入りたくなる性格でチャレンジ苦手)、それによって家族を守れるんじゃないかと思っていた時期もあったけど、それは違うのかな、と今のは私は、思っている。

今できることはできるだけ今やって。今やることの中でプライオリティを付けて、生きていくのがいいんだと思ってる。

だから2018年、ウガンダに来ました。

これからどうなっていくのか、全く見えませんが。。。笑

 

 

同じ記事に書こうと思っていたけれどなんだか長くなってしまったので、

2018年をどう過ごしたいかなっていう少しふわっとした話は、また別の機会にでも書くことにしたいと思います。

f:id:ranka_toba:20180128140900j:plain

ちびぞう、青ねぎとの登園

ウガンダの家の庭には、ちびの愛する鶏の暮らす鶏小屋に加え、ちびの祖父母が大事に育てる畑がある。

畑にはこちらではすぐに手に入りにくい野菜や、使用頻度の高い野菜が育てられていて、畑に毎朝晩水をやるのもちびの大事なタスク。

朝は幼稚園への登園まえ、必ず鶏に餌をやり、畑に水をやり、畑に生えている雑草の中からクローバーを探し、鶏にクローバーを食べさせる(うちの鶏はクローバーが大好物)、というのがちびの活動の、一連の流れになっている。

f:id:ranka_toba:20180126024257j:plain

そんなちびの一連の流れに最近加わったのが畑のねぎちぎりという作業。

いつの間にか勝手にねぎの先っぽちぎって、そのねぎを握りしめている。

いつの間にか。

 

最初の数回は私に怒られ、祖父母に怒られ「もう勝手に葉っぱを取らない」と約束したのだけど、でもこっそりねぎをちぎっている。

しかも少しだけ。ほんの少し。

最初は怒ってた私たちもほんの少しだし固くなっている青い部分だからもういいや、と気にしなくなるように。

 

今朝は幼稚園へ向かおうと車に乗ると、ちびがねぎを手に握りしめているのを見つけた。

またちぎってるよーと思った私だったのだけど、もう特に触れもせず、そのまま幼稚園へ。

 

すると幼稚園へ行くとその青ねぎを先生に真っ先に見せるちび。

先生が「またねぎを持ってきたのね!」とニコニコ。私のほうに振り返り「いつもねぎを持ってきては見せてくれるのよー。どこから持ってくるのかしら?」と。

話しかけてくれる先生に対し、ねぎを見せながらも無言を突き通すちび。

でも先生はそんな無言で無表情のちびに対して一生懸命話しかけてくれる。

いつも幼稚園に持ってきていたのか!

 

無表情ながらも先生にねぎを見せ続けるちびを見て、「何かきっかけが必要だったんだなぁ」とようやく気が付いた私。

誰かと仲良くなる時や、コミュニケーションを始めるときって必ず何かきっかけが必要だ。

特に言葉が伝わらない相手と仲良くなったり距離を縮めたりしたいとき、間違いなく何か、相手がコミュニケーションをスタートしてくれるようなきっかけをいつも探すことになる。

それが人によってスポーツだったり、アートだったり、勉強だったり、いろいろ。

 

私も英語にまだ不安があったとき(いまでもありますけどもちろんw)、話しかけてもらえるきっかけをいつも探していたように思う。自分でうまく話しかけることができなくて。いつもいつも周りを見渡しては、話しかけてもらえるきっかけになるものを探していた。思い出すと胸がきゅっとなる思い出の一つ。

 

今回のちびの場合、それがきっと青ねぎだったんだなぁ。

そう思うと彼の握りしめるそのねぎがとんでもなく愛おしいものに思えて、またもじわりと泣きそうになる私。

 

そしてそのねぎを握りしめて登園した日。

ちび、初めて泣かずに登園することができました。

歯を食いしばって、不安定な表情で、何かあったらいつ泣き出してしまってもおかしくないようなアンバランスさのなかだったけど、泣かずに「またね!バイバイ!」と私たちを送り出してくれるその姿に、とんでもない成長を感じ、確実に彼の中に強さが生まれてると感じた朝でした。

今週末は3連休。

月曜日はまた盛大に泣くんだろうと思うけど、青ねぎをちぎる彼の姿はそっと見守ることにしようと思う。

f:id:ranka_toba:20180126024114j:plain

ちびぞう、ブランコに乗る

以前少し触れたように、我が家は完全なるおもちゃ不足。

ugandalife.hatenablog.com

おもちゃ、持って来なさすぎておもちゃがない。

ちびのいまの最大の遊び友達は、とっちゃが作った新幹線と

f:id:ranka_toba:20180124010849j:plain

その後とっちゃが新たに作ってくれたドラえもん

f:id:ranka_toba:20180124010939j:plain

このドラえもんパチモン臭がすごいんですけどちびはかなり気に入っていて、

とにかくとにかく可愛いと思っている。まぁ確かに可愛いは可愛い。

 

でもウィンクがかなり怪しい。。。

 

ちびは満足そうに遊んでるけど、

ずっと新幹線とドラえもんばかりでは飽きるよなぁなんて思っていた今週。

いよいよ我が家のクリエイター建さんがまた新たに動き始めました!再びw

 

午前中スーパーへ買い物へ行った私たち。

そこで何やらロープを買い込む建さん。

午後帰ってきたちびに「ちびぞうやるぞ!」と話しかけ何やら庭で作業が始まった模様。

 

しばらく見ていると、できてきた!

できたできた!!

 

 

できてるっ!

f:id:ranka_toba:20180124011059j:plain

 

ブランコ~~。

タイヤブランコの出来上がり。

 

これは楽しい~~。ちびも大好物。

ニコニコしながら乗り続ける人。

f:id:ranka_toba:20180124011149j:plain

 

ニワトリにおーいと話しかけながらブランコに乗るちび。

「あーウガンダってなんでこんなにいろんなものがあるんだろう!!ものがたくさんあるよ!!!」とニコニコしながら話す人。

ドキリ。

全然物がないないって思うのは大人ばかりで、彼にとってはここはエキサイトメントであふれているんだろうなぁ。

我が家のメンズはその場その場が最大限に楽しいと思える力を持っている二人で、私は本当に学ぶことが多いわけです。

なんでもそうだけど、その場が楽しいと思うか苦しいと思うかは自分次第なんだよねー。

ちびぞう、日本語を逆輸入

当初英語に拒否反応を示していたちびぞう。

英語で話しかけられたりすると激怒したりしていたのに、最近少しずつ生活に英語を取り入れるようになって来た。

「ダメな時はアッアーていうんだよ!」とか「来て欲しい時はかむひぁー」っていうんだよ。なんて誇らしげにしている。

たまに「ありがとう」というと「ありがとうじゃ伝わらないから!サンキューだから!」と言われたり笑

 

極端やな、と思ったりしたけど拒否反応が消えて来たのは嬉しいこと。

私もすかさず少しずつ教えたりしてみると、早速翌日使って見たりしているので面白いし、スピードに感動してしまう。

 

そんな中、ちびぞうが突然使い始めた謎の日本語。

「おげんぎでぇすかー?」

 

発音がおかしい。

しかもなんだ、そのかしこまった挨拶は?

 

とりあえず

「はい、げんきですよー」なんて返していたけど何かがおかしい。

 

「それ、誰が教えてくれたの?どこで習ったの?」と聞くと

「幼稚園」と即答。

「保育園じゃなくて?」と聞くと「違うよ幼稚園だよ。ウガンダの。」と。

 

ん?

「英語の人の先生。教えてくれたの。」

 

まさかの逆輸入!

その後も「おげぇんぎですかー?」と話すちびを見て、ニヤニヤしてしまった。

 

逆輸入してくるちびも愛おしいし、何よりちびを和ませようと知っている日本語を一生懸命彼に話しかけてくれる先生を想像して、ありがたいなぁと思う私でした。

 

ちなみにちびは今日もプールの授業でプールに入らなかったらしい

「なぜ?」と聞くと

「入る理由がなかったからだよ!」とのこと。かっこよすぎない?

 

でも建さんには正直に、「本当は溺れそうで怖いから」と説明していたらしく。

保育園で入っていたビニールプールと違い、普通の学校のプールだからね、そりゃね、怖いよね。

お休みの日に一緒に学校に家族で入りに行こうね、と約束しました。

少しずつ克服できたらいいよね。

f:id:ranka_toba:20180123141413j:plain